2015/6/23 12:48:52

【飼い主様の声】ボーダーコリーを飼うときに気を付けたほうがいいこと!

    50代女性 「毛の生え変わり時期は特に抜け毛が多いです」

    ボーダーコリーはダブルコートなので、抜け毛が多いです。特に、冬毛から夏毛に変わる時季は、いつもより抜け毛が多くなります。ウチは外飼いなので、部屋の中が抜け毛だらけ、ということにはなりませんが、部屋で飼っているボーダーコリー仲間は、「換毛期はともかく掃除が大っ変!!」と言っていました。綺麗好きな方はボーダーコリーの抜け毛には耐えられないでしょうね。ブラッシングは毎日丁寧にする必要があります。

    (栃木県在住 Uさま)

    30代女性 「体力に自信のない人はオススメ出来ません」

    ボーダーコリーを飼うときに気をつけたいのは、その運動量ですね。幸い私も夫も問題なく、ボーダーコリーに付き合えますが、体力に自信のない方には、ボーダーコリーはおすすめしません。先日、学生時代の友人が、私の家に遊びにきました。その友人がウチのボーダーコリーを気に入り、「私も前から犬を飼ってみようと思っていたの。◯◯ちゃん(私の名前)と同じボーダーコリーにしようかなぁ」と言ってきたので、「運動量がハンパないからやめておいた方がいいよ」と返事しておきました。なぜなら、彼女の趣味は映画と洋楽にブログ。インドア派の彼女には、ボーダーコリーの運動量を持て余すことは目に見えています。ボーダーコリーのサークルで、「ボーダーコリーの運動量に飼い主がついていけず、犬がストレスを溜めてしまい、問題行動をおこすようになって、挙句に里子に出された」という話をまた聞きで聞いたことがあるので、ちょっときつい言い方でしたが、言っておいて良かったと思います。

    (静岡県在住 Tさま)

    30代男性 「しつけ次第でわがままな犬になります」

    ボーダーコリーは賢い、頭がいい、飼い主のいうことをよく聞く。一般的に、そう言われています。確かにその通りなのですが、頭が良いということは、悪知恵も働くということです。例えば、ボーダーコリーが吠えて泣きやまなかった時に、気をそらせようとおやつを与えたとします。そうすると「吠えればおやつがもらえる」ということを覚えてしまい、おやつが欲しくなる度に吠えるようになります。これがエスカレートすると、飼い主が「駄目だよ。あげないよ」と言っても、もらえるまで吠え続けるようになってしまいます。また、人の能力を読むこともできるので、しつけに甘い飼い主や、中途半端なしつけ方をする飼い主をナメてかかる犬になってしまいます。犬のしつけがしっかりできない、とお思いの方はボーダーコリーではなく、他の犬種を選ぶことをおすすめしますね。

    (愛知県在住 Aさま)

    40代男性 「マンションで飼うのはオススメ出来ません」

    ボーダーコリーを飼うのには、飼い主の住宅環境も重要になってきます。というのも、ボーダーコリーは、非常に活発で運動量が多いからです。マンションでの室内飼いも、出来ないことはありませんが、あまりおすすめは出来ません。室内だけでの生活は、ボーダーコリーにとってはストレスが溜まってしまいますので。部屋飼いをするのなら、できれば広い庭のある一戸建ての方が良いと思います。運動量が足りないと、吠える、噛み付くなどの問題行動に走るボーダーコリーもいるようです。

    (長崎県在住 Yさま)

    50代男性 「声が大きいから吠え癖が付かないようにしないと…。」

    ボーダーコリーは元気で活発、楽しい犬種と思っている方も多いでしょう。ですが、実は 結構神経質な犬です。
    基本はビビリ犬なので、犬同士のコミュニケーションもスムーズに行くとは限りません。ウチのボーダーコリーもビビリ犬。散歩の途中で他の犬に会うと、吠えたりするし、初めてドッグランに連れて行ったときはビビリまくって、全然遊ばなかったです。それから、いったん吠え癖がつくと、直すのは大変です。ボーダーコリーの吠え声は近所の家まで届きます。吠え声がうるさいと近隣の方から苦情が来て、ボーダーコリーを手放したという話を聞いたことがあります。その犬が神経質かどうかは飼ってみないと分かりません。神経質な傾向が見えたら、出来るだけ早く躾で矯正するのがいいと思います。

    (大分県在住 Fさま)

    photo by Dale Sørensen