2015/8/3 15:58:16

ボーダーコリーの性格やしつけやすさについて知ろう!

     

    【子犬を選ぶ時の基準は?】

    ボーダーコリーは聡明で学習能力が高い犬種です。その分、神経質な一面もあるので、子犬を選ぶときは、呼んだときに人によってくる明るい性格で、人懐っこい子犬を選びましょう。またボーダーコリーは股関節の病気があることが多いため、歩かせた時に歩き方がおかしくないかを確認しましょう。しっかりした歩き方をして目が生き生きとした元気な子犬を選びましょう。

    【しつけしやすい?】

    学習能力が高く、物覚えの早い犬種です。全犬種のなかでも最も知能が高いと言われています。そのためしつけがしやすく、訓練しやすいという特性を持っています。複雑なしつけにもついてくる犬種です。ただしとても聡明なため、人の動きの先を読んで、逆に飼い主をコントロールしてしまうこともあります。きちんと犬をトレーニングをして、犬をコントロール出来る人向けといえるでしょう。好奇心旺盛でスタミナがある犬種のため、体と頭を使う作業にむいています。ドッグスポーツを一緒に楽しみたい人には最適な犬種といえるでしょう。

    【他のペットには社交的?】

    飼い主に従順で社交的な性格ですが、見知らぬ人やほかの犬に対しては警戒心を持つこともあります。ほかのペットに対する友好度は低めでしょう。

    【番犬に向いている?】

    警戒心を持ち、家族を守ろうとする犬種なので、番犬にも向いています。

    【大人しい性格?活発な性格?】

    聡明で、物覚えが早く、訓練性が高いのが特徴の犬種です。しつけの飲み込みが早く、飼いやすい犬種です。複雑なトレーニングも驚く程吸収が早く、スタミナもあり活発なため、アジリティーやフィライングディスクなどのドッグスポーツを楽しみたい飼い主さん向けと言えるでしょう。飼い主には従順で忠実なところがあり、命令を待ってきちんとこなそうとします。

    ただし聡明なため、きちんとしつけしないと飼い主がコントロールされたり、ムダ吠えなどの問題行動を起こすこともあります。飼い主が犬をしっかりトレーニングして、コントロールすることが大切です。本来は広い牧場で羊を追う牧羊犬に適するように作られているので、驚くほどスタミナがあります。運動不足はストレスの原因になって、ムダ吠えといった問題行動につながることがあるので、毎日散歩させたり、庭で走らせたりするなどのしっかりした運動が必要になるでしょう。

お役立ちコンテンツ