2016/6/10 01:02:33

全犬種でナンバーワンのかしこさ!ボーダーコリーの魅力!

    1.頭の良さはトップレベル!

    何においても優秀なボーダーコリー

     ボーダーコリーは、全犬種の中でナンバーワンの知能レベルを持つ犬種です。
    作業能力、服従性、運動能力が極めて高い為、競技訓練会での活躍が大変目立ちます。特にアジリティなどのスポーツ系の訓練競技大会では、その俊敏な動きが場を盛り上げる為、まさにスターのようなポジションと言っても良いでしょう。

    言葉は離せないだけで人間の子供に近い知能を持つボーダーコリーは、他の犬種と比べてみればその差は歴然。
    性格に関しても、飼い主さんに対して敬愛を示し、活発で明るく遊ぶ事を好み、でも実は甘えん坊な一面もあるという魅力的な犬種です。

    実に人間にとって最高のパートナーでしょう!

    良い事ばかりと思いきや?

     ですが、ひとえに頭が良いと言っても良い事ばかりではないのです。

    頭が良いという事は、頭の回転が良い。回転が良いという事は人の考えを先読みする。悪く言えばずる賢いとも言えるでしょう。
    まさに利点でもあり、欠点でもあり、紙一重です。

    利口で甘え方が上手なボーダーコリーに対し、メリハリのきいたしつけをし、しっかりとした意思を持って接することが出来なければすぐに主従関係は逆転。
    また、運動能力が高いという事はそれだけ運動量が要求される意味でもあります。

    良い事ばかりの優秀な犬種と思うかもしれませんが、それがどう感じるかは人それぞれと言っても良いでしょう。

    photo by Kelly Hunter

    2.理想の飼い主像とは

    こんな方にはオススメ出来ない

    ・運動が嫌い
    ・インドア派
    ・しつけ訓練に関して重要視していない
    ・プライベートが忙しく、ボーダーコリーの為に時間を作れない
    ・犬を飼う事が初めて
    ・叱る事が苦手
    ・出来る事なら自由にさせたい(甘やかしたい)

    もしも多く当てはまったのならば、小型犬を飼育する事が望ましいでしょう。
    特に運動する時間を作る事が出来ないという事は、牧羊犬であり、かなりの運動量を要求されるボーダーコリーとはあまり相性が良いとは言えません。

    まさに相性ピッタリ!こんな方にオススメ

     ・運動が好き
    ・アウトドア派
    ・しつけ訓練に関して意欲を示している
    ・訓練協議会など機会があれば参加したい
    ・生活の中心がほとんどボーダーコリーになっても良い
    ・ボーダーコリーの為の時間を作れる

    犬が欲しい、というよりもボーダーコリーが本当に欲しく、訓練も運動も好きだというアクティブな飼い主さんが相性抜群です。

    また、この場合の運動は散歩を指しているのではなく本格的な【運動】を指します。
    ただ単純に近所を一時間歩く散歩と、公園で遊ばせる運動でしたら、後者の方がボーダーコリーにとって満足感を得られます。

    3.しつけ訓練がしやすいという事は

    問題行動があまりない犬種?

     ボーダーコリーは、その高い訓練性能から優秀な訓練犬として親しまれております。という事は、問題行動がなく、非常に飼いやすい犬種なのではないか?と思われるでしょう。

    冒頭でもある通り、非常に賢い犬種である事は確かです。しかし、少し触れましたが人の考えを先読み出来、ずる賢い事は、実は非常に厄介な事なのです。

    適切なしつけ訓練を行わなかったという事は、そもそもの高い服従性の意味がなくなり、また、高い知能と相まって飼い主さんを見下す傾向があります。
    結果としてやりたい放題の問題行動を起こすでしょう。プロの訓練士でも、その利発さ故の問題行動に頭を抱える者も少なくはありません。

    しかし、仔犬の頃からしっかりとしつけ訓練をしていれば問題行動の心配はまったくなくなり、それ以上の結果を出します。
    なんといってもしつけの入りやすさもトップクラスです。

    甘え上手で可愛らしいボーダーコリーですが、まさに飼い主さんの飼い方、しつけ次第で真逆の子になってしまうのです。

    環境が性格を変える

     また、ボーダーコリーの子犬の頃への接し方次第で、ボーダーコリーの性格が変わる事があり、訓練性能も変わってきます。
    例としてあげますと

    仔犬の頃ひとりでいる機会が多かった…不安定な性格になり、分離不安という精神面で問題が生じる

    過度の甘やかし…様々な問題行動の他、甘やかしでも分離不安は生じる

    早すぎる厳しいしつけ訓練…常に人の機嫌を伺い、本来の性質を損なう

    体罰を使ったしつけ訓練が多かった…自分で人に近寄ろうとしない。力のある者の言う事を聞く

    どれも本来のボーダーコリーの良さをすべて失うものばかりです。
    特に訓練性能が高いからと言ってスパルタ教育をする飼い主さんが度々見受けられます。

    ボーダーコリーの本来の性格をそのまま生かし、最高の優秀なパートナーでいさせる為には仔犬の頃から充分に接し方に気を付けるようにしましょう。

お役立ちコンテンツ